【サイズの測り方】

 

今回のサイズの測定には明工舎製作所のメイコーリングゲージを使用します。
※紙を巻きつける、定規で測る方法でサイズを間違えてしまったというご報告が多かったのでサイズの測定にはリングゲージの使用を推奨しております。




先ほど紹介したリングゲージは内側が角張っていますが、こちらは内側が丸くなったタイプです。少しお値段が高くなります。

当店の指輪は内側が丸くなっている指輪が多いので細めの指輪の場合はこちらのリングゲージの方がより近いつけ心地です。形状の確認は各商品ページにてご確認ください。




メイコーリングゲージの幅はおおよそ3mmでした。
(リングゲージによっては幅が違う為、ご参考ください。)




?リングゲージをワイヤーから外すことでさらに正確に測定できます。




【購入したい指輪が幅1~3ミリの場合】



まずは幅が1ミリ〜3ミリの指輪の測定をします。
 
手を握った時に圧迫感のないサイズになるまでリングゲージを一つづつはめていきます。関節部はシワが寄って通りづらいですが、少し指を曲げた状態でリングを嵌めるとシワが伸びて小さいサイズも通る場合がございます。下記の動画で紹介しています。とくに薬指、中指は関節に対して指の付け根が細いことが多いのでお試しください。




好みのサイズ感は15号でした。

※つけ心地は人それぞれ好みがあると思いますので、手を握った時に鬱血しない点のみお気をつけください。




【1-3mm幅の細い指輪の付け外し方】





【購入したい指輪が幅4~6ミリの場合】



次は幅が4ミリ〜6ミリの指輪の測定をします。
 
少し幅がある指輪なのでリングゲージを連続した号数で2つ使います。
手を握った時に圧迫感のないサイズになるまでリングゲージを一つづつはめていきます。少し指を曲げた状態でリングを嵌めると小さいサイズも通る場合がございます。




個人差や好みがありますが2つのうち大きいサイズを参考にします。
17号でした。

※つけ心地は人それぞれ好みがあると思いますので、手を握った時に鬱血しない点のみお気をつけください。




【購入したい指輪が幅7~9ミリの場合】



次は幅が7ミリ〜9ミリの指輪の測定をします。
少し幅がある指輪なのでリングゲージを連続した号数で3つ使います。
手を握った時に圧迫感のないサイズになるまでリングゲージをはめていきます。三つ重ねた状態で指に通るか確認すると正確に測りやすいです。




中心のリングゲージのサイズを参考にします。
18号でした。

※つけ心地は人それぞれ好みがあると思いますので、手を握った時に鬱血しない点のみお気をつけください。




【購入したい指輪が幅10~12ミリの場合】



次は幅が10ミリ〜12ミリの指輪の測定をします。
少し幅がある指輪なのでリングゲージを連続した号数で4つ使います。
手を握った時に圧迫感のないサイズになるまでリングゲージを一つづつはめていきます。


 

12ミリの幅の指輪では小さい号数側から3つ目のリングゲージを参考にします。
※個人差はありますが幅のある指輪は接地面が多い為、少し緩めでもスルリと抜け落ちずらいので、大きい側の号数でも構いません。お好みでサイズをお選びください。
 



【注意点とポイント】

※時期、時間によってむくみ等が発生することがある為、複数回にわたって測定することをお勧めします。

※人それぞれ指の形状は違い、つけ心地も好みがあるのでじっくりとご検討ください。

※指の形状には個人差がある為、上記の測定方法ではジャストサイズにならない場合もございます。予めご了承ください。